NEWS LETTER

ポールウィルソンシリーズの魅力 その2           ダイニングテーブル

2014.7.13

 

サマーフェア開催まで1週間をきりました!

ポールウィルソンシリーズのダイニングテーブルをご紹介いたします。

イギリスの職人が昔ながらの工法を大事にしながら、1台1台製作しています。

流行に左右されず受け継がれていく、伝統のデザインと技が持ち味です。

 

T2-W1500

 写真掲載:T2 ダイニングテーブル W1500 D900 H760  ※引出しはオプション

       PWK-1 スラットバックチェア W47 D580 H840(SH450)

       PWK-2B スクロールチェア W390 D510 H840(SH450)

 

ポール テーブル0619候補2

 

写真:T3 ダイニングテーブル

 

ポールウィルソンシリーズのダイニングテーブルは、天板の厚みが2種類お選び頂けます。(T2は約27mm T3は約40mm) 

イギリスのカントリーサイドの広大さに通じるような、

おおらかな雰囲気をたたえる天板。

年月と共に変化していくのが無垢の家具の大きな魅力ですが、

まさにそれを象徴するのがポールウィルソンのテーブルといえるかもしれません。

 

こだわりの曲線美を描く、伝統のビクトリアンレッグにも注目してくださいね!

 

ポール引出し2新

引き出しは、オプションでお付けするため前板が幕板にかぶさるタイプになります。

 

引き出し内寸 W430/D310/H42

深さはありませんが、雑誌やランチョンマットなどテーブル周りの小物を収納するのに役立ちます。

ポール引出し「つ」web

テーブルを置く場所や、入れるものなどを考えながらつける位置を決められるのはうれしいですね!

 

 サマーフェアプレゼント企画☆
今回のヒントは引き出しの中に!