ORDER MADE

No. 008横浜市 T邸 リフォーム

2013.12.7

 

 

20101021_567826

ダイニングキッチンのリフォームです。
まずレイアウトの打合せでは、空間を広く使えて、明るく開放的になる

アイディアを提案。
部屋を区切ったり壁を立てたりせずに、フルオーダーで製作するキッチンで

空間に変化を持たせる事にしました。

今回は普段あまり皆様が目にされないであろう工事写真を使ってお部屋の

リフォーム過程を紹介します。

 

20101021_56782720101021_567828

リフォーム前は、天井まであるトールキャビネットや吊戸棚が多く、圧迫感があり窮屈さを感じさせる空間でした。

 

20101021_567829

ではリフォーム工程を紹介していきます。
まずはじめに全ての造作物を解体します。
なるべく他の部分まで壊さないように気を付けながらの作業。
キッチンを撤去すると下地のベニヤやボードが傷んでボロボロ

だった為、予定していなかった下地ボードの張替をすることに。

部分的に耐水ボードで補修しました。

こういった下地処理が大事です!

 

20101021_567830

上の画像は既存のセントラルヒーティングを撤去したあと。
排水の水が漏れていたのか、フローリングが腐っていました。これもまた予想外!!
急遽フローリングの張替です。
新規のキッチンで隠れてしまう部分のフローリングをきれいにはがし、その板で

補修。同じ年数を重ねた板の方が雰囲気を壊しません。

 

20101021_56783120101021_567864

どうですか?張替えた痕がわかりませんよね。
うまく仕上がりました。

 

20101021_567833

冷蔵庫の目隠しの為に右奥のコーナーに壁を新設。

キッチンカウンターとの仕切りの役目にもなっています。

 

20101021_567834

張替えたボードのパテ埋めです。この作業をしっかりやらない

と塗装やクロスなどで仕上げる時に壁の凹凸が目立ってしまいます。

下地処理の善し悪しが出来映えを左右するのです。

 

20101021_567835

リフォーム最後の工程は塗装です。写真ではわかりづらいかもしれませんが、

今回はジョリパット(JOLYPATE)を使用しました。仕上げ面の凹凸が特徴。

フランスで生まれ、耐候性・防カビ性に優れた塗装です。

 

20101021_567836

キッチンを据え付けて完成です。

キッチンも当社のフルオーダー製作です。パイン材を使い、明るく・ぬくもりのあるダイニング
キッチンに生まれ変わりました。

 

横浜市 T邸 Kitchenもご覧下さい。