家具について

 

私たちの想い。

長く使っていただける家具を作るのが私たちの使命だと

思っております。 皆様と共に。そして次の世代へ・・・。

 

ザ・ペニーワイズは1981年、イギリスアンティーク家具の輸入・販売をスタートしました。

イギリス人は大切な家具を直しては使い、次の世代に受け継がれていきます。私たちは、イギリスのカントリーサイドで目にするオールドパイン家具の持つ、使い込むほど味わい深く空間に馴染んでいくその魅力に感動し、次第に惚れ込んでいきました。パインの持つおおらかで優しい佇まいは、人に緊張感を与えず昔からそこにあったような気分にしてくれます。

item01さまざまなかたちでイギリスの文化や家具に対するこだわりにふれるにつれ、その素晴らしい姿勢をより多くの人に伝えたい気持ちが強くなり、時代を超えて愛されるカントリースタイル、イギリスの家具から学び、自分たちの 思いを込めて、オリジナルパインファニチャーシリーズを立ち上げました。そして新たに、カントリーサイド・ファーマーズスタイルを東京の都会的な感覚で提案したいとの思いからコロニアルチークシリーズをスタートさせています。

一貫してトラッド・ナチュラルにこだわり続け、今後もみなさまに新たな提案をし続けていく、

それがペニーワイズのものづくりです。ペニーワイズの家具には他とは違うスタンダードの趣きがあると信じています。

 

 

『ペニーワイズが提案する家具シリーズ』

 

Penny Wise Series ペニーワイズシリーズ(国内生産)

Paul Wilson Seriesポールウィルソンシリーズ(英国製)

コロニアルチークシリーズ(インドネシア製)

 

『ぺニーワイズが使用する素材』

◆パインについて

家具についてイメージアカマツは寒い地方で成長するため粘りが強く、耐久性に優れています。節目は赤くて割れや抜け落ちが少ないのが特徴です。

反りや割れを防ぐため入念なモイスチャー調整もおこなっております。

組み立てに使用するのはノンホルムの接着材。

ホゾ組み等の工法はイギリスの伝統を受け継いでいます。

 

最後は人の手による丁寧な天然蜜蝋ワックスを擦り込んで仕上げます。

少し手間はかかりますが、これが私たちの譲れないこだわりです。

年月とともにパイン独特のヤニ成分がでて淡いクリーム色だった木肌が赤みを帯び、

パイン自身が光沢を放ちながら「ハニーブラウン」いわゆる飴色に変化していきます。

それが、私たちが求めている風合いであり、パイン材の魅力です。

 

◆ チーク材

家具についてイメージ2チーク材は世界の三大銘木のひとつに数えられている最高級材の一つです。

コロニアルチークシリーズでは、表情豊かな独自の木目や時を重ねた深みのある木肌をもった希少なオールドチーク、

色合いや風合いを重視した等級の高い上質なチークの新材の中からさらに厳選した材を使用しております。

すべて天然の素材ですので、使用する材ひとつひとつ、それぞれに木目・色味・風合いに個性があり、同じものはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆天然木の特徴について

樹木は伐採されて材木になっても生きています。割れや反りが起こるのは、

伐採されても木が呼吸をしている為です。私たちは、その特質を熟知して家具を

組み立てます。組みあがってからも湿度や環境の変化によって収縮したり

膨張したりします。 無垢材を使った家具は丈夫で温もりがあり一生使える物ですが、

長く使っていただくにはお手入れが必要になります。

木肌が乾燥したら外気の影響を受けやすい のでワックスをかけていただくことを

お勧めします。木の割れや反り・シミの防止になります。また、汚れも付きにくくなり、

移りゆく環境の変化から家具を守 ります。 ワックス仕上げの無垢材は、

二つと同じ木目がなく、木質が柔らかいためキズが入っても目立たず、

思い出の刻印となります。大切に使うことによって一生使っていただくだけでなく、

次の世代へと想いを託すことができるのです。お手入れに関しましては、

ケア&キープをご参照ください。